PROFILE

Mom's labody 代表 

 Matsuno Obayashi


理学療法士(国家資格)

福祉住環境コーディネーター

Webライター

産前産後ケアの理学療法士チーム Women's Body Labo 所属

(https://www.womensbodylabo.com/)

日本理学療法士協会介護予防推進リーダー


《略歴》

H18 理学療法士免許取得

総合病院にて0歳から103歳までの方のリハビリテーションに携わる

H25 フランス発医療従事者向け産後ケア研修参加

(ガスケ・アプローチ 運動指導者向け研修終了)

H26 国立市拠点に女性サークルでの講座や少人数制産後のセルフケア指導開始

 子育て中のリハビリ専門家のスキルアップを応援する団体「リハビリママ&パパの会」幹事就任

 ベネッセスタイルケア 有料老人ホーム非常勤

《講師活動》

国立市公民館女性サークル向け講師

国立市内親子サークル向け講師

国立市内幼稚園保護者向け講師

Asmama地域交流会向け講師

国立市子ども家庭支援センター ママのための体ケア講座

鍼灸師・柔道整復士・アロマセラピスト向けスキルアップ講座 

スタジオヨギーにてコラボレーション講座開催

ヨガやピラティスインストラクターとのコラボレーション講座多数開催

高津市民館 保育スタッフ向けスキルアップ講座 カラダメンテナンス担当



《執筆、メディア出演、イベント》

Amebaニュースなどwebにてコラム掲載

前向きに力強く生きるママを応援するラジオ番組「戸田さとみのPmama voice」ゲスト出演

環境省Water Day FASTIVAL×ジャパンファミリーフェスティバル」。トークセッション【ママの「こころと身体ケア」~家族と最後まで⽣きるために、気を付けたいこと】登壇

ホームワーカーズコミュニティ主催 WOMEN’S DELI トークセッション登壇

理学療法士として様々な年代の女性と関わる中で、女性の様々なライフステージにおけるカラダの変化が将来の健康に及ぼす影響を知り、自身の3人の子の妊娠・出産・子育てを通して、女性自身がその変化を知識として学び、日頃からセルフケアしていくことの大切さに気づく。現在、「快適なカラダづくりはまず知ることから」をモットに、専門知識を活かしながら、自作模型を使った講義を行っています。

2017年8月よりイギリスオックスフォードに滞在中。

Facebook

《一般向け出張講座》

女性サークル、親子サークルなどの集まりに出張講座いたします。

女性が自らカラダを守るために知っておいて欲しいこと。専門知識を元に自作模型を使って、分かりやすくお伝えします。「そうなんだ!」から「やってみよう!」へ。日ごろの生活に取り入れられる内容を心がけています。

ママのカラダを守る、抱っこ紐の付け方もお伝えします。

《コラボ講座》

ヨガやピラティスインストラクターさんと。ホルモンバランスプランナーさんと。カラダに関するセミナーとのコラボ講座

カラダの仕組みを知っていただくことで、カラダを動かすことがより深まり、無理な運動によるトラブル予防につながります。

《イベント講座》

2015.8.2「環境省Water Day FASTIVAL×ジャパンファミリーフェスティバル」IN幕張イオンモール

トークセッション【ママの「こころと身体ケア」~家族と最後まで⽣きるために、気を付けたいこと】に登壇しました。持ち運びできる自作模型で、特別な設備などない場所でも講座が可能です。